元手0円

Youtubeで稼ぐ

今回はYoutubeでの稼ぎ方を解説していきます。

Youtubeは現在もすごい勢いで伸びている産業で、
Youtubeをみてない人はほぼいない、
Youtubeを事業としてみてない、
企業の宣伝として導入していないとありえないとまで言われています。

そこで今回はYoutubeの稼ぎ方を紹介して、
おすすめ”ユーチューバー”を紹介したいと思います。

Youtubeの収益化の条件

Youtubeの収益化の条件は2つあります。

1、チャンネル登録1000人

2、総再生時間4000時間

この2つを満たしてから始めて広告がつくようになります。

どちらも広告つくまでいかにコツコツ積み上げられるかが鍵となります。

Youtubeの収益について

Youtubeの収益のついては主に2本の柱があります。

1つ目は、広告収入

2つ目は、案件収入

です。

広告収入

まず1つ目の広告収入について解説していきます。

Youtubeの動画はじめや途中、終わりなどに広告が流れますよね?

これが1再生0.1円みたいな形で
ユーチューバーの収益となります。

単純に全部が0.1円かと言われるとそうではありません。
例えば、ゲームチャンネルだと主にターゲットは小学生から大学生くらいであると考えられます。
小学生や中学生ってあまりお金を持っていないですよね?
なので広告単価は低くなります。

逆に大人向けのビジネスチャンネルなどは、
社会人などお金を持っているターゲットが層なので、
広告単価が高くなる傾向があります。

案件収入

次に案件収入について解説します。

例えば、有名なユーチューバーさんがこの商品いいですよ!とか
このアプリダウンリードしてやってみてください!
みたいな動画がたまにありませんか?

有名なユーチューバーは、
企業から私たちの商品を宣伝してくれませんか?
と依頼がくるわけです。
そしてその案件を承諾すれば案件収入がもらえる仕組みとなっています。

ラファエルさんは自分自身である一定の時期、案件受けた数が1番ということを言っていました。
(個人で調べたわけではないので確実かはわかりませんが。)

こうした有名ユーチューバーは影響力があるため、
自分のファンやチャンネル登録者に対して企業が売りたい物を紹介して欲しいという案件が舞い込んでくるのです。

おすすめユーチューバー

今回は自分がチャンネル登録をしているおすすめユーチューバーを紹介して終わりたいと思います。

もふもふ不動産

まず1人目は、もふもふ不動産です。

ビジネス系ユーチューバーのTOP層と言っても過言ではないもふさんです。
自分も毎日拝見させていただいており、
ビジネスの知識が楽しくわかりやすく学べるチャンネルとなっています。
またブログもされていて、
そちらも合わせて見ると知識が広がるのと同時に定着もしやすいかと思います。

もふもふ不動産 初心者向け不動産投資の情報サイト

マナブ

2人目は、マナブさんです。

マナブさんはツイッターをずっとフォローさせていただいていまして、
そこからYoutubeを始めたのを知り、
動画をチェックさせていただいています。

マナブさんはものすごいストイックな方で、
このブログを始めようと思ったきっかけの1人です。

最近でFXを始められているみたいなので、
投資をやっている身として、
ツイッター内容などに親近感を抱いています。

やまもとりゅうけん

3人目に、やまもとりゅうけんさんです。

やまもとりゅうけんさんは、
フリーランスで活動されており、
主にブログ、サロン、ユーチューブ、趣味でエンジニアをされているみたいです。
月収は500万を超えており、
ためになる情報を発信してくださっています。

いつの動画か忘れましたが、
筋肉があれば、
最悪こいつ殴り倒せると思えるので自信がつくみたいな動画をみました。
確かにな〜、やはり目の付け所というか視点が新しく、
自分の感じる部分とは違う部分をお持ちなのですごく尊敬しています。

中田敦彦のYoutube大学

4人目は、あっちゃんです。

オリエンタルラジオのあっちゃんとして、
武勇伝ど真ん中世代でした。

昔からすごい解説が上手な方だな〜と思っていましたが、
ついにYoutube参入です。
動画は主に歴史や情勢、技術などの解説となっており、
学ぶ楽しさを教えてくれるような動画内容となっています。

特に最近芸能人の参入が増えてくるなか、
大成功していると言っても過言ではないくらい人気です。

開設後すぐに100万人登録を突破し、
勢いはまだまだあります。

ヒカル・ラファエル・チャンネルがーどまん

最後にビジネス系ばかりなので、
知っている方ばかりだとは思いますが、
娯楽として楽しめるユーチューバーを紹介します。

楽しく拝見させている3組の方々たちです。
どの方も100万人以上登録者がおり、
エンターテインメントとして楽しくみられます。

Youtubeはどちらかといえば、
娯楽という認識の方が多いのではないでしょうか?

やはりビジネス系は伸びているのは伸びていますが、
個人的に知名度をあげられるのはこういったジャンルではないのかなと思っています。

最後に

今回はYoutubeの稼ぎ方について解説しました。

ビジネス系、やってみた系どちらにも様々なメリットデメリットがあります。

ただ単に広告単価だけを気にして、
ビジネス系に走っても実績や経験、知識がなければ、
自分自身がきついだけです。

自分の得意な分野や好きな分野、
これなら頑張れるぞという分野を強くお勧めします。

もう一つアドバイスするなら、
成功するまで地道にコツコツ努力する他ありません。

もふもふ不動産のもふさんも何回も言われていますが、
楽に稼げることなんてどこにもありません。

ただその逆で努力次第では、
稼げる分野はたくさんあるということです。

自分自身何があっているのか、
何で稼いでいきたいのかをしっかりと明確にすることが、
収益に繋がると思っています。