その他

奨学金の繰り上げ返済はナンセンスな理由

今回は奨学金の繰り上げ返済を考えている人に、
奨学金の繰り上げ返済はナンセンスだと思う理由について伝えたいと思います。

約大学生の半数が奨学金を借りているのではないでしょうか?
実際私も借りていました。
総額400万円近い額を借りており、
全て授業料として支払いました。

この奨学金の繰り上げ返済はなぜナンセンスなのでしょうか?
それは今現在の利率の低さにあります。

貸与終了7ヶ月後から始める返済、
返済の内訳や利率を確認したことはあるでしょうか?

まずは利率を確認してみてください。
驚きの低さです。
この利率をみて繰り上げ返済はナンセンスだと感じたあなたは金融リテラシーが周りの方よりも高いのではないでしょうか?

大学生は奨学金を投資しろ!奨学金は学ぶためのもの、投資や自己投資に使うのがえらい。そしてその考えに至ることのできる学生はとても少ない印象です。それは日本の教育で、生きていくために必要なお金を稼ぐ方法や金融リテラシーを身につけるシーンがないからです。自ら考えて行動していかなれければなりません。...

奨学金の利率について

奨学金の利率をみてみましょう。
有名な日本学生支援機構の奨学金、
多くの学生の方がこれを利用していたのではないでしょうか?

日本学生支援機構から引用

これは3年分の利率の表です。
3月を切り取ってみると、
平成29年度が固定で0.27%,変動で0.01%
平成30年度が固定で0.14%,変動で0.01%
令和元年度が固定で0.07%,変動で0.002%
となっています。

これがどれだけ低い利率かというと、
まずはアコムが18%(借入金額や属性に依存)
車屋でローンを組むと、9,10%、
金融機関でマイカーローンを組むと3,4%
フラット35で1.5%

これよりも低いということです。
令和元年度の0.07%と奨学金の上限利率3%を比較してみましょう。

ローン計算から引用

まずは400万円借入の3%で計算してみました。

ローン計算から引用

次に400万円借入の0.07%で計算してみました。

この2枚を比べて違うところがわかりますか?
大きく違うのは支払利息総額です。

133万円と3万円です。
約130万円の差があります。
利率がたった2.93%違うだけでこれだけ変わってくるのです。

そして今は奨学金の2種でもこれだけの利息しか払わなくてもいいのです。

ではなぜ利息が低ければ繰り上げ返済しなくてもいいのでしょうか?

繰り上げ返済の考え方

繰り上げ返済や借り換えは何のためにするのかを考えるとよくわかります。

繰り上げ返済や借り換えをする目的は、

  1. 総支払いを減少させるため
  2. 月の負担を軽くさせるため
  3. 利率を低いものにするため

要は今の条件より良い条件に乗り換えること、負担を軽くするためですね。

奨学金を無利子で借りている人はそのままで良いのですが、
奨学金を有利子で借りている人は令和元年度貸与終了で

0.07%

です。
0.07%以下で借り換えられるとこはほぼないでしょう。
あるとすれば、親に支払いを肩代わりしてもらい、
親に返す、いわば無利子にしてもらうといったことくらいではないでしょうか。

それだけ今現在利率が低いのです。

奨学金を投資した場合のシミュレーション

次に奨学金を投資した場合どうなるか考えてみましょう。
実際には相場が変動するものですが、
平均のリターンでシミュレーションします。

今回は奨学金を毎月12万円、合計576万円、
貸与利率は0.07%の固定で借りたとします。

奨学金貸与返還シミュレーション・日本学生支援機構から引用

そうすると、
毎月24,177円を20年間の返済となり、
返還総額は5,802,436円となりました。

次にこれらを全て投資したと考えましょう。
毎月12万円を4年間、平均3%で運用できたとすると、

積立かんたんシミュレーションから引用

総額は6,111,745円となります。
大学卒業と同時に返還した場合、
6,111,745 – 5,760,000 = 351,745円
のプラスとして手元に残ります。

仮に611万円を投資して年間配当率3%で運用できれば、
年間で18.33万円の配当がもらえます。
それを20年間再投資し続ければ、

野村證券から引用

合計で1103万円のリターンとなるわけです。
これは手数料を加味していませんし、
毎年綺麗に3%のリターンが出るわけでもないですし、
価格変動のリスクを伴います。
マイナスの年もでるわけなので、
ここまで上手くはいきませんがこれだけの力があるといことです。

奨学金の利率は低い今、
それを上回る投資商品に投資しておけばリターンを得られるということになります。

まとめ

このことから奨学金の繰り上げ返済はナンセンスであると感じています。
投資商品へ投資しなくても、
自分の知識やスキルを磨くために奨学金を使っても良いのではないかと思っています。
それが何倍、何十倍として返ってくるからです。

仮に奨学金を低利率で借りられている場合、
マイカーローンやカードローンなどの高金利なものを、
先に繰り上げ返済した方がお得になります。
利率が高いということは、
それだけ貸手に対して利息を支払わないといけないからです。

まずは計算しましょう。
自分がどれだけ利息を返さないといけないのか、
借金は悪ではありません。
言われるがまま、思考停止して、高い金利を払い続けているあなたの借金が悪なのです。
上手く利用してやりましょう。