日経225先物

日経225先物と日本225CFDの比較

前回は日経225先物について解説しました。

日経225先物の教科書日経225先物についての全ての疑問にお答えしています。日経225先物ってなに?オススメ証券口座は?税金やレバレッジなど、この記事を見れば完全理解できます!...

こちらの記事の元手はいくら欲しい?という章の最後に、
元手があまり用意できない人は、
CFDというのもありますよと紹介しました。

今回はこの日経225先物とよく似ているけど、
CFDって詳しくは知らないって人向けに解説していこうかなと思います。

日経225先物の記事と併用して比較して見ていただくと分かりやすいと思います。
本当に似ている部分が多いです。

この記事の最終目標は、
見た方が理解してくれること、
日経225先物との区別をつけることができること、
どちらでトレードしたらいいのかを判断できる。

この辺りまで行けたら管理人は最高です!!

では見ていきましょう!

CFDの概要

まず、CFDとは「Contract for difference」の略で、差金決済取引という意味です。

差金決済取引というと、
FXと一緒で、
取引で取れた値段の部分が損益になる取引のことです。

また、FXや日経225先物のように
証拠金を担保として取引するため、
レバレッジもかけることができます。

CFDは取扱商品が多く、
日経225や金、さらには個別株といった物まで幅広くトレードすることができます。

またFXと先物同様、
先に売っておくことができる空売りにも対応しております。

こんな感じでCFDはFXや日経225先物とよく似ているということが分かっていただけたかなと思います。

日経225先物との比較

この章では日経225先物とCFDで取引量の多い日本225を比較してみたいと思います。

似ている部分は多いので、
比較できる部分に焦点を当てて解説していきます!

取引単位は?

まずはじめに取引単位について説明します。

日本225 日経225先物ミニ 日経225先物ラージ
10倍 100倍 1000倍

となります。

例えば、
日本225の現在の価格が22,000円だった場合、
22,000円 x 10倍 = 220,000円
22,000円で220,000円のトレードができるということになります。

なので少ない証拠金で、
日経225先物よりも小さい取引を行えます。
先物はハイリスク商品なので、
特に大学生や気軽に始めたい方などはCFDを利用して日本225でのトレードをする方が良いと思います。

日本225の利益計算

日本225でトレードをした際の利益計算について軽く触れておきます。

例えば、
日本225で1枚で取引をして、
100円の利益を取れたと仮定した時、
10倍 x 100円 x 1枚 = 1,000円の利益となります。

その反対に、
日本225で5枚で取引をして、
300円の損失を被ってしまったと仮定した時、
10倍 x (-300円) x 5枚 = -15,000円の損失となります。

このように日経225先物のラージとミニと比べても、
小さい取引を行えることが分かりました。

取引期限がない!

日本225には保有期限がありません。
SQ日のように強制的に期限での決済がされることはありません。
なので、長期の保有が可能ということになります。
この部分はFXと一緒ですね。

日経225先物にはSQ日という消費期限のような物があるという風に説明しました。
このSQ日でポジションを保有していた場合、
強制的に決済されてしまうことも説明しました。
日経225先物には保有できる期限があります。

これがいいのか悪いのか分かりませんが、
私個人のトレードスタイルは、
長期保有ではないので、
SQ日があろううがなかろうがあまり関係ありません。

長期で持ちたい人には、日本225がおすすめ!

価格調整額というスワップみたいなものがある!

1枚あたりに対して、
価格調整額というスワップポイントみたいなものがあります。
これはメジャーSQ日と同月の、
3月、6月、9月、12月と決められた期日までに保有していた場合に、
受け取ることができます。

ちなみに1回で、1700円とか600円とか貰えますので、
1年で5000円程度ではないでしょうか。

長期保有で価格調整額を狙っていくのもありでしょう。

手数料は?

手数料は無料となっております。
日経225先物とは違い、
日本225ではスプレッドとなっております。
これはFXと同じですね。

スプレッドとは、
22000円から買いたい場合、
22003円と3円上乗せされた状態でエントリーされるということです。
この3円が実質的な手数料となります。

この3円分値動きで利益を取ることができれば何も問題ありません。

取引時間は?

取引時間は日経225先物とは少し違い、
平日の8;30~翌7:00(米国夏時間は8:30~翌6:00)となっていて、
日経225先物よりも取引できる時間が長いことが特徴です。

まとめ

まとめると、

・日本225CFDは日経225先物よりも小さいお金を動かす  
  ・その分利益も少なくなるが、リスクも小さくなる
・日経225先物ミニよりも証拠金が少なくて済む
・取引期限がない
  ・これはトレードスタイルによりけり
   ・3ヶ月以上の長期保有をしたい方は日本225CFD
   ・3ヶ月も保有しない方は日経225先物でも大丈夫
・価格調整額というスワップポイントみたいなのがある
  ・価格調整狙いで長期保有もあり
・取引手数料が無料
  ・ただし、スプレッドがある。
・取引時間が長い

日経225先物と比較をするとこんな感じです。

これをみて、
日経225先物と比較してどちらが自分にはあっているでしょうか。

私自身短期売買で利益を重視しているので、
先物でのトレードをしています。

日本225で長期保有をして、
価格調整を狙うのも一つの手法ではあるとは思いますが、
個人的には日経平均というのは値動きが激しいものです。
東北大震災の日経平均は8000円代まで落ち込みました。
すぐさま対応できるなら問題はありませんが、
長期保有している方はずっとチャートを見ているような方ではないと考えます。
そこをしっかりと理解した上で取引しましょう。

しかし、CFDには悪い面だけでなく、
むしろ良い面の方が強い、多いように感じます。
特に大学生や新社会人がトレードするには、
ちょうど良い金額なのではないでしょうか?
実際日経225先物のミニの10分の1で取引できます。
初めて取引するなら、まずは日本225CFDから始めるのが個人的にはベストだと思います。