FX

FXの税金ってどのくらい?

この記事をみていただき、ありがとうございます!

今回はFXの税金について詳しく書いていこうと思います。
主にターゲットは大学生です。
FXを始めたいけど税金てどのくらいなの?
といった方に少しでも参考にしていただければと思います。

FXで利益が出ると確定申告をしないといけない場合や、
損失が出てしまった場合確定申告をするとメリットがあるので、
そういった点にも触れていければと思います!

さらに何か知りたいことや疑問があればお問い合わせよりお願いします!

それでは見ていきましょう!

FXの税金の基本

結論からいうと、FXの税金は所得に対して

20.315%

となります。

これの内訳は、

所得税15% + 住民税5% + 復興特別所得税0.315%

となります。

FXは雑所得申告分離課税という分類になります。
これは給与とは別に計算して税金を納めてくださいね。
という意味となります。

またこれは国内のFX業者を利用した場合になりますので、
海外のFX業者を利用する場合は、
別の税金計算が必要になるので注意が必要です。

確定申告について

まず確定申告義務が発生するのは、

アルバイトや会社員として給与をもらっている場合、
1年間(1月~12月)で20万を超えるFXでの所得を得た場合に確定申告が必要となってきます。

もう1つが、

専業主婦やアルバイトをしていない大学生で給与をもらっていない場合、
1年間で38万を超えるFXでの所得を得た場合に確定申告が必要となってきます。

この2つで基本迷われると思いますが、

まずは給与があるのかないのかがポイントとなります。

そしてさらに知っておいて欲しいのが、
給与をもらっている方で上の例に当てはまる人は20万円以下、
給与をもらっていない方で下の例に当てはまる人は38万円以下の所得だと
確定申告は不要

となります。

ただし、住民税はいくら稼いでも申告が必要なので注意してください

ちなみに確定申告は、
1月~12月に稼いだ所得を、翌年の3月に確定申告することになります。

経費について

税金に付き物なのが、

経費

ですね。

経費とは、
その利益を得るのにかかったお金のことで、

FXを勉強するためのセミナーや本、
トレードのために買ったパソコンやスマホ、
などがあげられます。

ただここに注意なのが、
経費とはまた基準が曖昧なのです。

個人的にいいだろうと思って申請しても、
国税庁ではだめだと指摘されることもあるということです。

基本的にFXのためだけに
必要なものに対して経費として申請しましょう。

もし判断に困る場合は税理士さんや税務署で聞いてみましょう。

扶養はどうなる?

ここまでは税金のお話でしたが、
税金と扶養は少しややこしいですが、
これも大切なことなので、
しっかりと学んでおきましょう。

FXで稼ぐと扶養というのが気になってくると思います。

基本的な扶養について

親の扶養に入っている大学生であれば、

年間の所得が38万円以下でないといけない

というのがあります。
仮に38万円を超えてしまうと親の扶養から外れ、
自分自身も税金を支払い、
親の税金負担も増えてしまうことになります。

では年間所得38万円とはどういうことでしょうか。

103万の壁

年間アルバイトで100万円稼いだ学生がいるとしましょう。
ちなみに給与所得に対しては、
給与所得控除というものがあり、
65万円を差し引くことが可能となっています。

なので100万円から65万円を引くと、
35万円で38万円を超えていないため、
扶養から外れることはないという結果になります。

これがいわゆる103万の壁と言われているものです。

ちなみに103万円を超えてしまうと、
扶養から外れてしまうため、
親だけでなく、
自らも所得税を払わないといけなくなるので注意が必要です。

130万の壁

アルバイトで130万以上稼いでしまうと今度は健康保険の扶養から外れてしまうことになります。
すると自ら国民健康保険へ加入し、保険料を支払わないといけなくなるので、
103万円以内で抑えた方が実際の手取りが多いということも出てきます。

しかし、103万円を超えて130万円以下である大学生は、
勤労学生控除というものが使え、
27万円の控除が使えます。

このため、120万円を1年間で稼いだ大学生は、
120万円 – (65万円(給与所得控除)+27万円(勤労学生控除))= 28万円(所得)

28万円が所得ということになるので、
所得税の納税義務は無くなります。
ただし扶養は外れているため、
親の税負担が多くなるのは、103万と同様です。

勤労学生控除の注意点として、
FXでの所得が10万円を超えると、
勤労学生控除が使えなくなってしまうという点に注意が必要です。

アルバイトとFXで稼いだらどうなる?

ここから本題に入っていきたいと思います。
おそらくこの記事を見ている人は大学生でFXについての税金が気になる方だと思いますので、
そちらに焦点をあて例を挙げていきたいと思います。

大学生Aさん、アルバイトとFXで稼いだ場合

大学生Aさんはアルバイトで1年間で100万円を稼ぎました。
また、FXも空いた時間でトレードしており、20万円の利益が出ました。

このような場合はどうなるでしょうか?
計算してみましょう!

(100万円(給与) – 65万円(給与所得控除)) + 20万円(FX) = 55万円(所得)

この場合38万円を超えているため、
確定申告の義務が発生します。
それに加えて扶養を外れてしまいます。

また130万円は超えていないものの、
FXでの所得が20万円であるため勤労学生控除は使えません。

またFXは申告分離課税のため、
20万円に対して20.315%が適用されます。
40,630円が税金としてかかってきます。

大学生Bさんの場合

大学生BさんもアルバイトとFXで利益をだしました。
アルバイトでは60万円、FXでは14万円でした。

この場合は
60万円(給与) – 65万円(給与所得控除) + 14万円(FX) = 9万円(所得)

となるので38万円を超えていないので、
確定申告をする必要はなくなってきます。
(住民税の申告は必要です。)

損益通算

損益通算とは、
FXで損した額を最長3年間繰越ができる制度となっています。

例えば、
今年30万円の損失があったとしましょう。
そして翌年も30万円の損失がありました。
しかし、翌々年に60万円の利益が出ました。

(-30) + (-30) + 60 = 0

になるため、0円に対して20.315%がかかってきます。
なので税金の負担は0円となります。

今後FXを頑張っていきたいと思う方なら、
損失が出ても確定申告をしておくことをおすすめします。

最後に

税金は本当にややこしいですね。
書いている自分でも頭が混乱しています。

ただ利益を得ると特に必要となる知識なので、
少しでも理解しておくことをおすすめします。

脱税で多くの税金を払ったり、
脱税で捕まると稼いだ意味もなくなるので、
しっかりと納税をすることが大切です。