FX

FX初心者オススメの証券口座と選定基準

今回はFXをやってみよう!
でもどこのFX業者を使えばいいの?
正直どこのFX業者がいいかわからないよ
違いがわからない、
どこでもいいからとにかく気軽に早く始めてみたい!

そういった方におすすめのFX業者を紹介していきたいと思います!

トレード経験からこの機能が欲しい、
この機能便利!というものを焦点にあてやっていきたいと思います!

FXってそもそもなに?
って方は

FXを初心者に向けてブログ書いてみた

を読んでみてください。

それではみていきましょう!

主観で決める選定基準

まず始めに、
自分がFX業者を選ぶ際に、
どこをみて選ぶのか判断基準を書いていきたいと思います。

日本国内業者であるか

FX業者をまず選ぶ大枠として、
国内業者か海外業者かの2択となります。

目的別に3つに分けられます。

税金

1つ目は、
国内FX業者は税金が申告分離課税で利益に対して一律20.315%であるが、
海外FX業者を利用すると、総合課税となり給与との合算になります。
簡易的に考えると給与とFXで330万以上を稼ぐと、
海外FX業者を利用した場合、国内FX業者を利用した時の税率よりも高くなります。

レバレッジ

日本国内では金融庁の取り決めにより、
個人取引でのレバレッジは 25倍 と決められています。
法人での取引になれば、規制はありませんが、
日本国内だと100倍が一番大きいのではないでしょうか。

しかし、海外FX業者だと、
法規制がないため、500倍や1000倍、3000倍などのレバレッジをかける事のできる業者があります。
また海外FX業者では、ゼロカットという追証なし、
いわゆる口座がマイナスになっても返済義務を負うことがない仕組みを導入しているところが多いです。
ハイレバレッジならではの仕組みですね。

自動売買

FXの分析方法などを調べていると、
少しだけ目にすることもあると思います。
FXの自動売買です。
自動売買とはその名の通り、
MT4というツールを使って、
様々な取引の仕方をプログラムしたEAというソフトを使って、
自動で売買してくれたり、
エントリーポイントを知らせてくれるものとなります。

これを使う場合は、
基本的に海外FX業者がおすすめされるサイトが多いです。

基本的だけど絶対見た方がいい選定基準

上ではまず、国内か海外かという大枠に対して3つの選定基準を書き出しました。
次は国内海外どちらでもみた方がいい選定基準について書いていこうと思います。

手数料

これは必ず見た方がいいです。
ここではスプレッドとは別の意味での手数料となります。
スプレッドについては次で説明します。

まずここでの手数料を表すのは、
取引手数料や入出金にかかる手数料、
口座開設時や口座維持にかかる手数料などです。

ここら辺全て無料なことが多いですが、
たまに有料でやっている会社もあるので注意が必要です。

スプレッド

こちらも必ず見た方が良いです。
スプレッドとは簡単にいえば手数料みたいなものです。
たとえば1ドルを100.210円で買いたい時に、
スプレッドが0.3(銭)であったとしましょう。
そうするとエントリーする際には100.213円で買ったことになります。
実質この値をあげて保有させられるためこちらが手数料みたいなものになります。

もちろん100.213円を超えて利益確定できれば、
スプレッド以上の利益を得られるため問題はありません。

スプレッドに関しては日本国内FXだとそこまで意識する必要はありませんが、
スプレッド差は違いますので見た方がいいです。
ただスプレッドは値動きが激しい時は変化したりしますのでそこも注意が必要となります。

通貨単位数/Lot

Lotと取引する際の通貨単位を表します。

FX初心者に向けてブログ書いてみた

で説明していますが、
1000通貨 または 10,000通貨
のところが主です。

通貨単位が違うと、
必要証拠金の額やLot数が変わってくるのでこれも絶対見た方が良いです。

ここまでのまとめと結論

トレードしてきた経験から、
主観で選定基準を出しましたがどれも大切になってきます。

ここでは、
どのようなFX業者を選ぶのかをオススメ、まとめたいと思います。

まず、国内FX業者を選んだ方がいいです。
初心者の方にはそうなんですが、
海外はレバレッジが高すぎます。
いくら追証がなしと言っても、
資金を一気に失うようなことは避けたいです。
また税金の面からも
国内FX業者を選んでおいた方が無難です。

それに加えて、
低スプレッドかつ手数料無料が多いところを選ぶべきです。
スプレッドが高くて、
結局損をしてしまうということもあるかもしれませんし、
せっかく稼いだのに、
出金手数料などで結構持っていかれてしまっては何のために稼いだのかよくわからなくなりますよね。

簡単ですがこんな感じです。

口座開設にあたり必要なもの

この章では口座開設に事前に準備しておくと楽なものを紹介します。

  1. マイナンバーカード(通知カードでも可)
  2. 運転免許証

くらいですね。
たまにマイナンバー記載の住民票などが必要なところがありますが、
基本的にこの2点が手元に用意できるのであれば、
すぐに開設申請をすることが可能かと思います。

国内FX業者おすすめ紹介

ここまで主観的な選定基準を書いてきましたが、
この章ではおすすめの国内FX業者を紹介していきたいと思います。

DMMFX

DMMFXは初心者に1番おすすめとなっています。

  1. 取引ツールが多彩
  2. FX業界最狭水準スプレッド
  3. 各種手数料無料
  4. FX口座数日本No.1!!
  5. 取引でポイントがもらえる
  6. レバレッジが25倍
  7. 1Lotが10,000通貨

こんな感じになっています。

自分がおすすめだと思う部分をピックアップして紹介していきます。

取引ツールが多彩である

取引ツールはとても大事です。
ほとんどFX業者は口座開設してからでないと使えませんが、
DMMFXはデモトレードという仮想のお金を動かすことのできる機能が利用でき、
実際のチャートを利用することができます。

またパソコンやiPhoneも両方あり、
初心者用やプロ用のツールも用意してあります。

なので初心者のかたや口座開設で迷っている方は
DMMFXデモトレードを1度やってみるのもいいかもしれません。

DMMFXデモトレード

各種手数料が無料

https://fx.dmm.com/fx/service/

こんな感じでサービス利用手数料が無料となっています。

実際に使ってみた感想

取引ツールも初心者用が用意されており、
LINEなどでの24時間のサポートもあるので安心して取引できると思います。
また、スプレッドや手数料も業界では好条件です。

またアプリ内でタイムリーな経済ニュースを配信してくれているので、
値動きがあった場合やありそうな重要なニュースをアプリ1つで知ることができます。

私はスマホでのトレードをしているのですが、
DMMFXをメインで使っています。
そのほかにも口座を開設して複数持っているのですが、
使った感じで一番しっくりきています。

特に注文画面はシンプルで直感的な操作が可能です。

またアプリ内で証拠金やスワップポイントなどの確認も簡単にみることができ、
大変便利に思います。

最後に

こんな感じでFX業者の選び方やDMMFXのおすすめとなりました。

実際にトレードしてきて、
何社も使った結果、
トータルDMMFXの満足度は高いです。

基本的にDMMFX1つで初心者の方は対応できると思います。
そのほかに口座を持っている方でも
DMMFXを一つ作っていても損ではないと思います。

頑張って利益上げていきましょう!!