楽天経済圏

ふるさと納税、損をしないために知っておきたいこと【楽天市場】

今回はふるさと納税について解説していきたいと思います。

ふるさと納税はとてもお得な制度で、
私はティッシュやトイレットペーパー、お米、
余裕があればお肉や魚介を注文して楽しんでいます!
実質自己負担2,000円で様々な地域の返礼品が楽しめますので、
ぜひ今年から始めましょう!

この記事を読むとわかること!

  1. ふるさと納税ってなに?
  2. ふるさと納税のメリットデメリット
  3. ふるさと納税の始め方
  4. ふるさと納税の損をしないための方法
  5. オススメ返礼品

この記事でしっかりとふるさと納税について学んでいただき、
損をしないための知識をつけていただけると嬉しいです!
そして少しでもいいな、タメになったなと思ったら、
友人や家族へ知識のおすそわけをしていただけると幸いです!
良いことは広めて活用していきましょう!

ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税とは、

ふるさと納税は、ご自身の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度です。

寄付による支援をすることで税金の還付や控除を受けられ、

さらに特産品などのお礼の品がもらえるうれしい仕組みです。

楽天市場 – ふるさと納税 から引用

となっています。

自分が生まれた場所や住んでいる自治体に関係なく、
そこの自治体を応援したいやその自治体の返礼品が魅力的なら、
寄付という形で支援することで税金の還付や控除を受けられ、
さらに返礼品がもらえるという制度になっています。

楽天市場 – ふるさと納税

例えば、
こういった牛肉などの返礼品を各自治体が出品しています。
他にも魚介やお米、野菜やスイーツ、日用品、
さらにはビールや宿泊券などの商品もありますので、
楽しみながらお得にネットショッピングできます!

ふるさと納税のメリットデメリット

これだけ充実した商品から選べるふるさと納税ですが、
メリットデメリットを書いておきます!

まずはメリットですが、

  1. 自己負担2,000円で豪華返礼品がもらえる!
  2. 税金の還付や控除の対象!
  3. たくさんの返礼品から選べる!
  4. 寄付先の自治体が5つ以下ならワンストップ特例制度が使える!
  5. 楽天市場で購入で楽天スーパーポイントがもらえる!

次にデメリットですが、

  1. 個人の上限を越えると、2,000円の自己負担額では収まらなくなる
  2. 自己負担額は実質2,000円だが、記載の金額を負担する必要がある
  3. 確定申告が必要になる場合がある

これがメリットデメリットになっています。

一つづつ見ていきましょう!

自己負担2,000円、税金の還付や控除が対象、ワンストップ特例制度について

まずは、
自己負担2,000円、
税金の還付や控除が対象、
ワンストップ特例制度について解説していきます。

ここは同時に見た方がわかりやすいのでまとめさせていただきました。

まずは自己負担2,000円とはどういう仕組みなのか解説します。

まずは簡単に説明すると、
あなたのふるさと納税の枠の上限額が20,000円で、
今年に20,000円分の寄付をしたとすると、
来年の税金から18,000円が控除されるという仕組みになっています。
そして実質2,000円の自己負担額で済みますよというのがふるさと納税での仕組みとなっています。

また控除額も申請方法によって異なり、
確定申告で申請した場合には、所得税から還付と住民税から控除されます。
ワンストップ特例制度を利用すると、住民税から控除となります。

なので、
税金の負担が軽くなり、
しかも豪華な返礼品が貰えるということでふるさと納税が有名になりました。

また、ワンストップ特例制度について解説しておくと、
まずワンズトップ特例制度とは確定申告の必要がなく、
手軽にふるさと納税を利用することができるような制度となっています。
その条件として、

  1. 1年間の寄付先が5自治体以内の方
  2. 「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」を提出すること

などが挙げられます。
他にも医療費控除などで確定申告が必要であったり、
副業で稼いでおり確定申告が必要な場合は、
ふるさと納税も一緒に確定申告しないといけません。
まずは上の2つの条件に当てはまることと、
確定申告をする必要がない方はワンストップ特例制度を利用することが可能です。

確定申告とワンストップ特例制度どちらでも、
「寄付金受領証明書」が必要になってくるので、
返礼品と一緒に送られてきたら大切に保管しておきましょう。

楽天市場でお得に利用!

ふるさと納税は、
利用するサイトによっても返礼品の数や種類が違うことがあります。

私のオススメは「楽天市場」です!
楽天市場でふるさと納税をする理由は、

ポイントの還元率がえげつない!

です!

楽天市場のポイント還元率を爆上げする方法この記事は楽天市場のポイント還元率を爆上げして、ポイントを超獲得することができるようになる記事です。楽天の還元率は他にない還元率で年間で10万円分のポイント還元は余裕です。知っているか知らないかだけでこんなにも差がつきます。いますぐ始めましょう。...

こちらの記事と合わせてふるさと納税を利用して欲しいのですが、

普通にそこらへんのクレジットカードとそこらへんのサイトでふるさと納税を利用しても、
10,000円で100ポイント=100円分くらいの還元しかありません。

ただ楽天市場でふるさと納税を利用すると、
ポイントの倍率を上げられ、
10%の還元率も余裕で再現できます。

例えば楽天市場でふるさと納税を利用すると、
10,000円で1,000ポイント(10%還元の場合)=1,000円分の還元となります。
ふるさと納税を40,000円すると、4000ポイントとなり、
自己負担額の2,000円を差し引いてもプラス2,000円で返礼品が楽しめる、利用できる結果となります。

楽天市場でふるさと納税」が現時点で一番お得なのでぜひ利用しましょう!

ちなみに楽天カードをお持ちではない場合、
還元率が極端に下がり恩恵を受けられないので、
楽天カードを作っておきましょう!

お申し込みから約1週間ほどでお手元に届きます!

どのクレジットカードがオススメ?楽天カード一枚で十分です!どのカードを作ったらいいの?クレジットカードを持つメリットは?楽天カードの作り方や必要なものまで全ての疑問にお答えしています。実際に楽天カードをメインカードとして利用している管理人が楽天カードのおすすめ活用法も記載しています。ぜひ参考にしてみてください!...

2,000円の自己負担額を超えてしまう デメリット

次にデメリットのお話をします。

ふるさと納税のメリットである、
2,000円の自己負担額で利用できるですが、
それは個人の枠の中で利用した場合に限られます。
どういうことかと言いますと、
簡単な計算ですが、

年収400万円、独身、子供なしの場合
約43,000円が上限となります。
また1月1日〜12月31日までがふるさと納税の期限なので、
ある程度の予想でシミュレーションをする必要があります。

こちらからシミュレーションできます。
まずは自分の上限額を知ることから始めましょう!

この枠を超えて寄付してしまうと、
自己負担額2,000円でよかったものが、
超えた分プラスして自己負担しなければならなくなるので注意が必要です。


そしてさらに最終的な自己負担額は2,000円でいいものの、
購入時には全て負担しておかなければなりません。

例えば上限40,000円の方が、
40,000円分の寄付をした場合、
まずは40,000円を支払い、後から38,000円税金から控除されるという仕組みです。
なので、最終的な自己負担額は2,000円になるものの、
最初に現金が出ていくということを忘れないようにしてください。

ふるさと納税の始め方

ふるさと納税の始め方ですが、
まず準備するものとして、

  1. 楽天のアカウント
  2. 年会費永年無料の楽天カード

こちらを用意してください。
どちらも持っている方は、「楽天市場 – ふるさと納税」へ飛び、
いつものショッピングのように買っていただければ大丈夫です!

すごく簡単なのでぜひ今から始めましょう!

また楽天市場ではポイント還元率を上げて購入することをオススメします!

楽天市場のポイント還元率を爆上げする方法この記事は楽天市場のポイント還元率を爆上げして、ポイントを超獲得することができるようになる記事です。楽天の還元率は他にない還元率で年間で10万円分のポイント還元は余裕です。知っているか知らないかだけでこんなにも差がつきます。いますぐ始めましょう。...

自己負担額の2,000円はすぐに取り返せるほどのポイント還元なので、
楽天市場でふるさと納税を利用し、楽天カードで支払うのが一番お得です!

ふるさと納税で損しないために気をつけること

ふるさと納税で損しないために気をつけることは、

  1. 自分の上限額を知ること(シミュレーションはこちら)
  2. 楽天市場で楽天カードを利用し、ふるさと納税を行う
  3. ワンストップ特例制度、確定申告をする(受領証明書を保管しておく)

この3つを意識しておけば、
お得に楽しくふるさと納税を利用することができます。

ぜひふるさと納税を活用し、
日々の楽しみに1つ、選ぶ楽しさもプラスしてみてください!
そして届いた返礼品で少しでも家計が楽になればと思います!

オススメの返礼品

最後にオススメの返礼品を紹介します!

まずは私が購入したものとして、

  1. ティッシュ
  2. トイレットペーパー
  3. お米

などの日常生活での必需品を購入しました!
これらは無いと困るものなので、
自己負担額2,000円でしかも楽天市場だったのでポイントバックも受けられたのでお得に利用できました!

その次に購入はしていませんが、
余裕があれば購入したいのは、

  1. お肉
  2. 魚介
  3. お酒
  4. コスメ

このあたりを購入してみたいですね!
お肉や魚介、お酒で楽しむもよし、
コスメでちょっとした奥さんへのプレゼントもありかなと、

ふるさと納税はたくさんの商品を商品を取り扱っているので、
ある意味迷ってしまいます。
まずは必需品を利用し、
枠が余れば興味のある自治体に寄付しましょう!

まとめ

今回はふるさと納税の損しない方法と始め方などについて解説しました!

やはり楽天市場で楽天カードを利用して、ふるさと納税が一番お得です!
ふるさと納税を考えている、
他のサイトでふるさと納税をしていたという方は、
ある意味損をしていますので、
ぜひ楽天市場でふるさと納税を利用してください!

その他にも、
つみたてNISAやiDecoも利用すると、
税金面で有利になりますのでぜひ活用しましょう!

楽天証券で積立NISAをオススメする理由今回は楽天証券と楽天カードを使って積立NISAをするメリットとオススメの商品について開設しました。積立は時間との勝負です。思い立ったら1,000円からでもいいので今すぐ始めましょう。...
iDeco(イデコ)ってなに?節税とか申込とか中学生でも分かるように解説します今回はイデコについて解説しました。イデコと聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、簡単にいうと自分で年金を作りましょうという制度です。またイデコを利用すると非課税で運用でき、さらに受け取り時も控除が利用できるので年金や一時金といった形で受け取ることが可能です。うまく制度を利用しましょう!...