動画編集

動画編集で稼ぐことは難しい?今から初めても大丈夫?

この記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は動画編集というスキルを身に付けたいなと思ったので、
素人目線で情報収集してみました!

この記事は

  1. どう勉強したらいい?
  2. どのハードウェア使えばいいの?
  3. どのソフトウェア使えばいいの?
  4. 稼げるようになるにはどうしたらいいの?

自分自身初心者なので、
初心者の方に向けてフォーカスした記事にしていこうかと思っています。

稼げるようになるにはどうしたらいい?
に関しては正直言って稼いでる人の情報をみた方が確実ですので、
参考程度にみてください。

動画編集で稼ぐ方法

前回記事で3本ほど書いたのでタイトルに興味があれば、
合わせてみていただけると理解が深まり、
イメージも湧くのではないかと思います。

動画編集で稼ぐ

Youtubeで稼ぐ

このあたりをみていただけると、
初心者のモチベーションアップにも繋がるのではないかと思っています。
また基本的な知識も身につきますよ!

どう勉強する?

ここから本題に入っていきますが、
まずどうやって動画編集を勉強するのかですが、
大まかに2つにわけられます。

  1. 独学
  2. 講座を受講する

この2つですね。

独学で勉強する

独学で勉強する方法は、
主に動画編集をしながら迷ったり、
自分の思いのままの動画編集がしたいと思った時に、
本やネットをみて勉強する方法が一般的なのではないでしょうか?

本やネットで情報を読み込むのも大事ですが、
プログラミングやブログ、サイト、動画編集は、
しながら身に付け、改善していくものではないかと思います。

独学のメリットとして、

  1. お金がかからない
  2. 幅が広い
  3. すぐに自分がしたい編集の知識へたどり着ける

デメリットとしましては、

  1. 習得まで時間がかかる場合がある

これがデメリットですね。

とにかくお金はかけたくない!
時間はたっぷりある!

こんな方に独学はオススメです!
自分は独学派ですね!
周りに友達で知識がある人がいれば、
その人に頼み込んでタダで教えてもらうのもありではないでしょうか?

講座を受講する

もう1つの方法として、
講座を受講する方法がありますね。
代表的な講座を上げておくと、

<>TECKACADEMY – 動画編集講座

テックアカデミー|動画編集講座から引用

「動画編集 講座」で調べてすぐに出てくる代表的な講座ですね。
主にAdobe社のPremium Proというソフトを使って編集を学ぶ講座ですね。

一番安いプランで139,000円(税別)となっていますね。

MovieHacks -Youtube特化型の動画編集講座-

MovieHacks -Youtube特化型の動画編集講座-から引用

こちらはやまもとりゅうけんさんの動画編集を担当している、
生ハム帝国さんが展開する買い切りの講座となっています。

価格は69,800円となっており、
Youtubeの編集に必要なカット編やテロップ編などが学べるものとなっています。
実際に稼がれている方の講座で信頼はあるのではないでしょうか?

講座を受講する人は、
会社員の副業としてすぐに利益へ繋げたいと思う方ではないでしょうか。
69,800円を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、
即戦力の知識と技術を身に付けることができるのではないでしょうか。

講座を受講するメリットとして、

  1. 動画編集に必要な知識や技術を独学よりも早く身に付けられる
  2. すぐ質問できる環境がある
  3. 動画編集者が実際に必要と感じたポイントのみを受講できる

デメリットとしては、

  1. 初期投資がかかる
  2. 自分の身に付けたい知識や技術とは違う場合がある

ですね。

まとめると、
講座を受講する人は、
すぐさま即戦力としての知識や技術を身に付けたい方、
会社員として副業をするための時間節約かなと思います。

結局独学、講座受講どっちがいい?

一概にどっちがいいとは言い切れませんが、
独学の方が自由度は高いです。

講座受講をしてから基本を身に付けて応用にいくことも大事ですが、
まだ値段が高めで実際に中身が見えないところが不安材料ですね。
3000円の本に書いてあることが、
10万円で売っているというのがネットです。

正直本やネットで調べて解決が安くすみますし、
確実に身につきます。

そして、
自分自身で編集しながら必要な知識っていうのは確実に出てきます。
勉強の幅でいうと、
独学の方が自由度が高いです。

プログラミングも一緒ですが、
実際にやっていかないと身につかないです。
考え実行し、改善する、
そのサイクルを経て成長していくので、
結局独学になってくるでしょう。

最初の入り口として、
独学でいくか、
講座で基本を学び派生していくか、
になってくると思います

どのハードウェアを使えばいいの?

ハードウェアっていうのは、
撮影する機材のことですね。

私はとりあえずiPhone11で撮影をしてみようかと思っています。
もちろんいいカメラを買った方が綺麗な画質で取れますし、
様々なシチュエーションでの撮影が可能となります。

しかし、Yotuuberの方でもiPhoneや高画質のスマートフォンで撮影をしている人も少なくありません。

まずは身近なカメラで撮影することもありです。

目的は動画編集です。
正直素材も大事ですが、
編集力を身に付けたいならカメラに頼らず、
編集でどうにかする力技も大事だと思っています。

とはいえ、
Youtubeで投稿をする際、
カットしてテロップを入れて効果音を入れたり、
結構初歩のシンプルな編集が意外とウケるので、
マイクにお金を使ったり、
少し高画質なカメラを使うのもありだと思いますので、
オススメのカメラを紹介します。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ

新品価格
¥38,499から
(2019/11/18 20:45時点)

GoProはあらゆるシチュエーションで撮影でき、
身軽さも売りですね。
実際に使用した感じ、
海でも山でも日常でも、
サッと取り出し撮影することができ、
手軽さがベストです。

ただバッテリー時間が短いので、
大きな撮影や連続使用にはなかなか厳しい面がありますね。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB ホワイト HDR-CX680 W

新品価格
¥46,130から
(2019/11/18 20:50時点)

ソニーのHDR-CX680もオススメです。
GoProと1万円ほどの差ですが、
初心者の方にはオススメです。

iPhone11で十分だった

結論からいうと、
iPhone11だけで動画撮影は十分でした。
画質性能はもちろんのこと、
スマホとして常に持ち歩き、
撮りたいと思った瞬間にシャッターを切れる。
正直最初から高価なカメラを必要とするかなといった感じです。

それだけのレベルしかないと言われればそうなのですが、
実際に少し撮影してみて、
驚くほど鮮明に映りましたし、
4Kにも対応しています。

またすぐに共有することも可能なので、
私はiPhone11で撮影を続けていきます。

どのソフトウェアを使えばいいの?

結論から言うと、

Adobe社の 「Premium Pro」 一択かなと思います。

無料ソフトでは、

  1. iMovie
  2. AviUtl

有料では、

  1. Filmora
  2. FinalCutPro
  3. PremiumPro

が有名なのではないでしょうか?

実際に半年ほど前ですが、
iMovieで動画編集を遊びで触ったことがありますが、
自由度が低いです。

テロップも固定でしか入れられないのが不便でしたね。

やはり人気度が高いPremiumProがオススメです。

premiumproは買い切りではなく、
毎月の支払いとなるサブスクリプションです。

adobe|creative cloudから引用

単体プランだとこんな感じですね。
多くのソフトがあるのでその用途に応じて使うことが可能です。

adobe|creative cloudから引用

またマルチプランと称し、
パックになったものもあります。

adobe|creative cloudから引用

コンプリートプランの中身はこんな感じで、
4000円で使い放題です。

実際動画編集をするだけならpremiumproだけで十分なので、
月額にして1,680円(税別)/月ですね。

Youtubeで動画編集をするなら、
サムネイルも必須なので、
PhotoShopがあれば便利かもしれません。

トータルしてどのアプリが必要なのか自ら考え、
契約してください。

自分は動画編集にも拘りたいし、
サムネイルも拘りたい、
将来的にはアニメーションや3D、CGなども触っていきたいと思っているので、
コンプリートプランにします。

稼げるようになるには

最後にどのような手順でどのように稼いでいくかを書いておきます。

動画編集で稼ぐには2パターンあると覚えておいてください。

  1. 自らYoutuberとして動画出演し広告費を稼ぎながら、
    動画編集もしながら、動画編集の案件を受ける
  2. 動画編集のみを案件として受ける

この2つになるかなと思います。

でどっちがいいかと言うと、

自らYotuuberとしてチャンネルを持ち発信しつつ、
自分の価値をあげておきながら動画編集も学び、
同時にファンや顧客を増やすことが良いと思います。
特にYoutuberの世界は未だに未知の部分が多いのではないでしょうか。
Youtuberにしかわからないことであったり、
やってみなければわからない事はたくさんあります。

Youtuberとして広告収入がつけば、
毎月のサブスクリプションの費用に充てられるかもしれませんし、
たまたまバズって本業の月収を超えることもあるかもしれません。

とにかく自分のチャンネルを持つべきです。

そして、
Youtubeの広告収入に頼るだけでなく、
自ら動画編集者としても他Youtuberの動画編集をお手伝いすることで、
収入の柱を増やすことが大切です。

どちらか一方で利益が出れば、
安心しますし、
次に繋げることができます。

成長し、
それを還元し、
また成長し、
そのサイクルをこなして拡大していくことができます。

なので、

  1. まずは自分のチャンネルをもち、発信する
  2. ファンや顧客をつけ、広告収入と案件収入の2つの柱を目指す
  3. あとは拡大していく

がベストですね

実際今がチャンスです。
3年後、5年後、動画編集の仕事が残っているかわかりません。

正直AIでも動画編集はやってくれます。
シンプルかつ適切な間で切ってくれたり、
テロップを入れることができます。

それまでに稼ぎ切ることが動画編集として大切です。

まとめ

今回は動画編集で稼ぐを初心者にフォーカスしてみました。
実際に今から始めても稼げます。
稼げるまで努力することで、
次に繋げられます。

まずはiPhoneで自分自身を発信することから初めてみましょう。
それを活かして動画編集をすることで、
Youtuberの動画編集に携われたり、
結婚式、あるいは、他のムービー編集に携われるかもしれません。

PremiumProはターミネーターや有名な映画などで利用されている、
本格的なソフトウェアです。
学んでおくことで、
転職も可能になるかもしれません。

何が収入に繋がるかわからない今、
たくさんの知識をつけておくことが重要です。