その他

同棲を始めたい社会人カップルに必要な初期費用は?【賃貸契約、家具、家電】

今回は同棲を始めたい社会人カップルに必要な初期費用について解説していきます!

賃貸契約時、生活に必要な家具や家電にかかる費用など意外と知らない費用がかかってくることがあると思います。

ガサリーマン井上

一人暮らしを始めた時は、初期費用の高さに驚いたな〜

東京都の2LDK家賃相場12万円で計算すると、

ざっくり賃貸契約だけで60万円ほど初期費用がいる計算となります。

それに加えて家具家電が必要になってきますので、

合計で90万円、1人当たり45~50万円ほどあれば同棲を開始できるのではないでしょうか?

ガサリーマン井上

一人暮らしの時は、家具家電は徐々に揃えていきました!

今回は、家賃を抑える方法や大家さんへの交渉術なども併せて解説していきたいと思います。

この記事を読むとわかること

  1. 賃貸契約の初期費用
  2. 家具家電の初期費用
  3. 家賃や初期費用を抑える方法

この記事を読んでいただければ、

20万円は初期費用を抑えられます

のでぜひ最後まで読んでみてください!

同棲を始めたい!社会人カップルにオススメの間取り

地域によって、ライフスタイルによって、

借りるべき物件や好みの物件は変わってくると思います。

まずは自分にあった間取りを選びましょう!

同棲にオススメなのは、

1LDKか2LDK

のどちらかがオススメです!

ガサリーマン井上

リビングがある方が、生活にゆとりが持てますよ!

リビングはいらないという人は、

1DKや2DKを選択する事で物件によっては家賃が安くなる場合もありますので、オススメですよ!

1LDKと2LDKどちらにする?

これはお互いで話し合いライフスタイルにあった方を選択するべきです。

例えば、ラブラブで常に一緒家賃を少しでも抑えたいなどの場合は

1LDK

がオススメですし、

休みがバラバラ日勤夜勤で相手を起こしてしまうかもしれない寝室とは別にもう一つ部屋が欲しいという場合は、

2LDK

がオススメです。

ガサリーマン井上

喧嘩した時や一人の時間が欲しい時、また、在宅ワークが増えてきつつあるので2LDKが個人的にはオススメです!

同棲を始めたい!初期費用は?

初期費用は冒頭でも述べたように、

都内、2LDKの平均家賃

から算出すると約60万円必要となります。

この内訳を解説すると、

賃貸契約初期費用内訳
敷金(1ヶ月の場合)12万円
礼金(1ヶ月の場合)12万円
前家賃12万円
仲介手数料(相場0.5ヶ月〜1ヶ月+消費税)12万円
保証料(家賃+共益費の0.5ヶ月分)(保証人ありは支払い無し)6万円
火災保険料(1.5〜2万円)2万円
その他(鍵交換、消臭、害虫駆除等)4万円
合計60万円

こちらの内訳表を利用して、

実際に借りようとしている家賃を当てはめて計算してみてください!

ガサリーマン井上

基本的には約4.5~5ヶ月分の家賃くらいが初期費用としての相場です!

例えば、月7万円の賃貸なら、

7x(4.5~5)=31.5~35万円

の初期費用となる計算です!

敷金礼金

まず敷金礼金ですが、

敷金は基本的には返ってくる費用です。

ただ家賃未納や退去費用がある場合は、この敷金から引かれます。

礼金は返ってこない費用です。

物件の所有者に「住まわせていただきありがとうございます。」という気持ちで支払うお金となっています。

前家賃

こちらは不動産会社や大家さんによって前家賃を請求されるかされないかが別れます。

また入居時期によっても、

当月を日割りで支払い、来月分を前家賃として先に支払うということもあります。

仲介手数料

仲介手数料とは、不動産の仲介業者へ支払う費用のことです。

こちらの仲介手数料は、法律上で1ヶ月分が上限となっておりますので、これ以上取られている場合は言いましょう。

また大家さんと借主両方で上限1ヶ月なので、両方から1ヶ月取っている悪徳業者もいますので注意しましょう!

保証料

保証料は、家賃を保証してくれる保証会社に対して支払う費用となります。

こちらは連帯保証人が用意できる場合は、支払わなくてもよい費用なので、親などへ相談してみましょう!

火災保険料

火災保険料は、不動産会社で基本的に進められますが、自分で保険を見つけて加入することもできます。

その後に契約をしたかの確認書類の提出を求められるケースもありますので必ず加入しましょう!

その他(鍵交換、消臭、害虫駆除)

鍵交換は必要ですが、消臭や害虫駆除などは内覧時に問題がなさそうであれば、無くしてみるのも費用削減としていいかもしれません。

無くせるもの、無くせないものありますので不動産会社へ相談してみましょう!

家具家電を揃えるとどれくらいの費用がいる?

賃貸契約時の初期費用がわかったところで、

次に家具や家電を揃えるのにどれくらいの費用がいるのかを計算してみましょう!

必要な家電
洗濯機(6kg~7kgがオススメ)3万~
掃除機1万~
冷蔵庫(300L以上がオススメ)8万~
テレビ3万~
電子レンジ1万~
電気ケトル0.3万~
炊飯器(3~5合がオススメ)1万~
エアコン3万~
照明0.5万~
ドライヤー0.3万~
アイロン0.3万~
合計21.4万~

家電だけで最低でも21万円以上かかることがわかりました!

良いものを選べばキリがないので、

予算と照らし合わせ、こだわり、妥協のメリハリをしっかりとつけて選びましょう!

必要な家具
カーテン1万~
カーペット1万~
ゴミ箱0.1万~
テレビ台1万~
ベッド、マットレス、布団5万~
テーブル0.5万~
収納家具0.5万~
合計9.1万~

家具で最低でも9万円ほどかかることがわかりました。

レイアウトによっては大きく変わってくる部分ですので、

部屋の間取りを把握して揃えましょう。

それに合わせて費用も変わってきますので、

これよりも多めに見積もっておくべきだと思います。

家具家電を合わせると最低でも30万円

かかるという計算となりました。

ガサリーマン井上

賃貸契約と家具家電の初期費用を合わせると約90万円ですね!

高い!笑

そのほかにも食器やティッシュなどの生活していく上で必要なものは、

約5万~8万円ほど

と考えて準備をしておきましょう!

家具家電初期費用を抑える方法まとめ

  1. 実家や一人暮らしで使っていた物なるべく再利用する
  2. 価格.comを利用し比較する
  3. 必要な物以外は徐々に揃えていく
  4. 家具家電は消耗品と考え、安くて良いものを買う

初期費用を抑えるポイント

初期費用にいくらかかるかある程度シミュレーションしました。

結果都内2LDKの場合で約90万円が最低でもかかってくるという結果になりました。

ガサリーマン井上

地方の家賃7万円物件であれば約60万円が最低ラインかなというとこですね!

最後に初期費用を抑えるポイントや生活を楽にするポイントをまとめたいと思います。

賃貸契約時のポイント

  1. 敷金礼金なしの物件を選ぶ
  2. または、礼金を無しにしてもらうよう交渉する
  3. 家賃や駐車場の減額を交渉する
  4. フリーレント付きにしてもらうよう交渉する
  5. 仲介手数料を貸主借主で1ヶ月となっているか確認する
  6. 引っ越しは軽トラを借りたり、友達に頼む
  7. 分割払いを交渉する

このあたりが賃貸契約時に費用削減できるポイントです。

毎月の生活費を抑える方法

結論から言うと、

楽天経済圏を目指しましょう

です。

ガサリーマン井上

楽天経済圏とは、身の回りのサービスを楽天のサービスにすることで多くのポイント還元を受けられ、利用すればするほどお得になることです!

私が利用している楽天サービスを順を追って説明しますと、

生活編

  1. まずは楽天カードを作る
  2. 楽天モバイルにする
  3. 楽天ペイを利用する
  4. 楽天市場で必需品を買い物
  5. 楽天市場でふるさと納税

証券編

  1. まずは楽天カードを作る
  2. 楽天銀行を開設
  3. 楽天証券でつみたてNISAを開設
  4. 毎月楽天カードで5万円をつみたて投資
  5. 毎月500P、年間6,000P(6,000円分)のポイントゲット!

簡単にサービスの紹介だけしておきます。

楽天カード

楽天モバイル

楽天のサービスやお得に使う方法はこちらの記事へ求めていますので、

ぜひ合わせて読んでみてください!

【年間10万円以上お得に!】楽天経済圏を目指す方法とメリット【楽天経済圏とは?】今回は楽天経済圏を目指す方法とお得に使い倒す方法、実際に私が年間10万円以上ポイント還元を受けている実績を元に解説しました!今から楽天経済圏を目指す方の参考になると同時に、1人でも多く、お得に楽天を使い倒せるようになっていただけると嬉しいです!...
ガサリーマン井上

楽天市場でポイント還元を爆上げする方法についても下記ページで解説しています!

楽天市場のポイント還元率を爆上げする方法この記事は楽天市場のポイント還元率を爆上げして、ポイントを超獲得することができるようになる記事です。楽天の還元率は他にない還元率で年間で10万円分のポイント還元は余裕です。知っているか知らないかだけでこんなにも差がつきます。いますぐ始めましょう。...

まとめ

今回は同棲の初期費用と初期費用を抑えるポイントについて解説しました。

礼金なしや家賃交渉は必須です!

ここをするかしないかで初期費用も今後の固定費も大きく違ってきますので、

必ず交渉してみましょう!

ガサリーマン井上

家賃が5千円違えば、年間で6万円違ってきますよ!

家賃にもよりますが、

基本的に初期費用50万円〜90万円かかります。

これを抑えるポイントとして、

  1. 敷金礼金なしの物件を選ぶ
  2. または、礼金を無しにしてもらうよう交渉する
  3. 家賃や駐車場の減額を交渉する
  4. フリーレント付きにしてもらうよう交渉する
  5. 仲介手数料を貸主借主で1ヶ月となっているか確認する
  6. 引っ越しは軽トラを借りたり、友達に頼む
  7. 分割払いを交渉する

この辺りを検討、交渉してみましょう!

必要な予算を決め、しっかりと計画的に貯金していきましょう!

幸せな同棲生活を楽しんでください!