株式

投資の教科書

この記事は投資初心者に向けて解説してあります。
投資を始めたいけど何からしたらいい?
何に投資したらいいの?
元手はいくら必要なの?
そういった疑問についてお答えしています。
今から投資を始める、もしくは、勉強する方はこちらの記事を徹底的に読み込み勉強してください!

この記事はこんな方にオススメ!

  1. 投資初心者の方
  2. どれに投資するか迷っている
  3. 投資って何からすればいいの?

この記事を読んでいただければ、
自分に向いた投資を見つけられます!

日本という国は貯蓄率が以上に高く、
国が投資を推し進めるほど、投資に対して抵抗があります。
しかし、これから貯蓄している現金などは目減りしていくので、
増やすことだけでなく、資産を守るといったことも頭の片隅にでもおいておかないと今後老後になった時に困るのは自分です。

しっかりと運用し、
自分の夢や目標を叶えましょう!

投資入門者の為の教科書投資とは何かについて解説しています。投資といっても、その先は様々であり、株やFX、不動産、時計など様々なものがこの世では投資対象となっています。投資の根本を理解する大事な記事となっています。...

投資を始めるにあたって必要な条件

投資を始めるにはまず条件を満たさないといけません。
投資というのはお金を投じて、お金を増やす行為をさします。
お金を動かすということは当然利益だけでなく損失を被ることもあります。

また損失だけでなく、
利益がでた際に税金などへの配慮も必要となってきます。
こういった問題に対応するために知識を必要とし、
一人で解決するには難しい問題も中にはあります。

そうしたことに対処するために、
投資、金融商品には色々な条件や制限があります。

それでは見ていきましょう!

年齢制限

まず投資をするにあたり、
立ちはだかる第一の壁が 年齢制限 だと私は思います。

ほとんどの証券会社は 20歳以上 という年齢制限を設けています。
なので、私自身20歳を待って投資を始めました。

ただし、現物株式取引と呼ばれるものなどは未成年でも取引をできる証券口座があります。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/under_age/

これは楽天証券のサイトの一部となります。

ここに記載してある通り、
20歳未満で未婚の方が未成年口座の対象者となります。
15歳を超えていれば、
本人が取引することも可能です。

ただ親権者の同意が必要であるため、
親との要相談という形になりますね。

18歳以上20歳未満の方は、
親の同意を得るか、20歳以上になるまで待つかどちらかになります。
20歳以上であれば、親への同意はいりません。
申し込みから取引まで全て自己完結できます。

基本的には投資は 20歳から と考えておきましょう。

※SBI証券はFX口座を18歳からとしています。

リスクの高い商品や証券会社によっては投資経験年数などの制限がある

上の楽天証券のサイトの画像の、取扱商品欄に対象外です。と書いてある金融商品は基本的にはハイリスク商品であるため、投資経験年数などの制限があります。

これはなぜかというと、
投資初心者がハイリスクと文字で書かれていても、
実際には経験しないとピンとは来ないでしょう。

ある程度リスクの低い商品で経験を積んだのちに、
ハイリスク商品へと移行した方がいいですよ
というのが証券会社の言い分となります。

ただ、
証券会社も取引をしてくれるお客様あっての企業となります。
私は申し込みの際に、
経験年数をごまかして日経225先物やFXなどを始めています。
自己申告制なので、
保有資産なども無理のない範囲でごまかして申請している人も少なくはありません。
推奨はされないですが、
そういった方法もあることだけ知っておくと役に立つかもしれません。

実際の値動きでトレードを体験する方法

ではお金入金して早速取引してみましょうっていうと、
気持ちが引けると思うので、
まずは デモトレード で取引してみましょう!

デモトレードとは、
仮装のお金で仮装の取引を行うことを表します。

どこでやったらいいの?
オススメはDMMFXバーチャルです。
FXをする場合だとDMMFXがオススメなので、
デモトレードの段階からDMMFXで慣れておくのもありだと思います。

スマホだと DMMFXバーチャル(iOS用)
PCだと  DMMFXデモ取引

クリックしてもらえたらそのページに飛びますので、
ユーザー登録をしてみて色々いじってみてください。

DMMFXは500万の仮想のお金を実際の値動きで動かすことができます。

またたまに デモ取引キャンペーン と題し、
増やした額に応じて、
AmazonギフトカードやJTBトラベルギフトカードなどが、
最大30万円分もらえるキャンペーンも行なっています。

私は前回入賞して、
Amazonギフトを1万円分もらいました!

新社会人、投資初心者、目的別おすすめ投資

この章では投資にはどんな 商品 があるのかを目的別に紹介していきたいと思います。
ちなみに株も金融商品の一部で、全て商品に投資するというのが皆さんのイメージしている投資です。

それではみていきましょう!

短期間で利益を得たい方

まずはじめに短期間で利益を得たい方向けに紹介していきたいと思います。

基本的に短期間で利益をえる投資方法は、

  1. FX
  2. CFD
  3. 日経225先物

この3つです。

FX

FXについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

基本的にFXとは為替の交換を表し、
その差額を利益とする為替差益トレードなっています。
また少額の資金で大きな取引をできるのが魅力となっています。

FXとは?

FXのおすすめ証券口座

FXの税金てどのくらい?

FXの海外口座は申告しなくても大丈夫?

CFD

CFDとは、FXの為替の部分を
株や日経、金などの商品と入れ替えたようなものになります。
こちらも差額を利益とし、
少額の資金で大きな運用が可能となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

日経先物と日経CFDを比較してみた。

日経225先物

日経225先物とは、
日経平均株価の将来の値段を約束する売買のことで、
単純に言い換えると、
日経平均が上がるか下がるかに投資するものとなっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

日経225先物とは?

株式

株式とは、
株式会社の株をかい、
値上がり益や配当、優待などで利益を得る方法となっています。

大きな元手が必要な場合がありますが、
値上がり益や配当金、株主優待で楽しみながら投資をできるのが株ではないでしょうか?
自分のきになる企業やよく行く飲食店の株主優待券でお得に生活もできますよ!

投資入門 ~初歩の初歩の初歩~

短期で稼ぎたい!初心者には実際どれがおすすめ?

結論から言うと、
FXかCFDが無難です。
これは両方口座開設をしてもいいと思います。
FXとCFD口座を開設しておけば、
為替も株式も日経も金も、
証拠金さえあれば全てが取引可能です。

またCFDは日経225先物よりも1/3ほどで取引できますので、
少額で大きな利益を目指したいや、
少額でコツコツやっていきたい、
勉強がてら、投資の理解を深めるためにやってみたい

などそういった方々にはFX、CFDをおすすめします。

コツコツやっていきたい、そんな方は

もちろんFXやCFDもおすすめですが、
堅実派の方もいるはずです。
そんな方には以下3つがオススメです!

  1. 定期預金
  2. 投資信託
  3. 積立NISA

定期預金

定期預金は聞いたことがあるのではないでしょうか?
銀行などで毎月3万円などを自動で預金してくれるシステムで、
普通預金よりは多くの利子がもらえます。

仮に0.01%の利率だったとしましょう。
毎月3万円定期預金しました。
4年間であれば、
普通預金であれば、3x12x4 = 144万円
定期預金であれば、144万282円となります。

正直いって4年で282円しか増えません。

確実に貯金はできるかもしれないですが、
運用としては少し悩ましいレベルですね。

投資信託

投資信託とは、
プロの投資家にお金を預け、
その集めたお金をプロの投資家が運用し、
リターンを得るというものになります。

投資信託には多くの商品があり、
自ら商品を購入したり、
目標リターンを決めると、自動的に商品を選んでくれるものまで登場しています。

積立のリターンについてはこちらの記事を参考にしてください。

投資信託は毎月積立というのはなく、
毎月自分で商品を買って行くような形になります。

積立NISA

これは投資信託と一緒で、
プロの投資家にお金を預け、
運用によってリターンを得るものとなっています。

どこが違うかというと、
20年間、年間40万円までの積立にかかる利益に対して無課税である
ということです。

投資信託は利益が出たものは税金を払わないといけませんが、
積立NISAを利用すれば、
利益に対しての税金が無課税となります。

また積立NISAの商品は、
金融庁が定めた基準をクリアしたものが対象となります。

毎月33,333円以下の積立であれば、
NISAを利用した方がお得ということになります。

ただ投資信託よりは商品数が少ないので、
投資したい先が無ければ、
投資信託として買うしかないです。

新社会人は今すぐつみたてNISAを始めるべきだ!

コツコツ堅実派は実際どれがおすすめ?

毎月33,333円以下の積立で、固い商品で運用したい方には

積立NISAがおすすめ!

それ以上の積立、投資したい商品が積立NISAにはないよ!って方は

投資信託がおすすめ!

実は不動産投資も可能!?

新社会人でも不動産投資は可能です。
不動産投資のメリットは、
銀行からの融資が使える点、
立地や物件などによっては売却益を狙える
などなど新社会人から初めて知識を蓄えるのも良いかもしれません。

不動産投資が気になる方はこちら

新社会人から始める不動産投資

チャート分析について

どうやって株価が動くの?
どうやって分析するの?という方はこちらをみてください。
全て分析する上で、投資をする上で初歩となりますが、
とても大切なものです。

投資の基本!ロウソク足の読み方

初心者おすすめ!トレンドラインの引き方

意外と知られていない移動平均線の使い方

元手っていくら必要?

実際に自分がトレードしてみて思うのは、
FXや株、CFDをするにしても、

30万円

は欲しいかなと思います。
実際には5万円や10万円で取引できます。
が余裕のあるトレードや資金を溶かしてしまって即退場するのは、
将来を考えて勉強しながらトレードするにはこれくらいあれば十分かなと思います。

あればあるに越したことはないです。

ただ余裕資金の運用を心がけてください。

使ってはいけないお金で運用して溶かして絶望した経験ありです。

まとめ

短期で利益を得たい方、
FXかCFDがおすすめ!
資金に余裕があるひとは、株もあり!

コツコツやっていきたい!という方は、
投資信託や積立NISAがおすすめ!

この記事で言いたいのは

とにかくやってみる!

これにつきます。

私自身20歳になり、すぐにFXをはじめました。
実際には損することが多かったのですが、
損失から学ぶこともたくさんあり、
今では自分のトレードスタイルを確立し、
それを貫いています。

興味があるけどはじめられない、
何からしていいかわからないという方にこの記事で1歩目を踏み出していただけると嬉しいです。
実際やってみると、案外楽しいし、簡単ですよ!

もし投資について質問や相談がありましたら、

TwitterかLINE@まで連絡よろしくお願いします!